同窓生は今

第64期生に聞く ~陸自一般幹部候補生(1)~

2020.12.03

「幹部候補生学校の生活について」

陸上自衛隊幹部候補生学校64taguti.png

 第3候補生隊第5区隊

一般幹部候補生 陸曹長  田口 愉宇斗

 現在、陸上自衛隊幹部候補生学校第101期一般幹部候補生課程(防衛大学校、一般大学等出身者)に入校中の防衛大学校本科第64期卒業生、建設環境工学科、銃剣道部、田口愉宇斗です。

 私たち64期生が防衛大学校を卒業し、期待と不安を胸にこの幹部候補生学校に着校してから、早くも4か月が経過しました。幹部候補生学校では、幹部自衛官として国防の中核をなす人材となるために、防大・一般大出身を問わず同期で切磋琢磨しあいながら修学する日々を送っています。しかしながら私自身、実際にこの幹部候補生学校に着校するまでは幹部候補生学校がどんなところなのか、何をするのか、といったことについてほとんど知らず、少なからず不安を抱いていました。
 そこで今回このような機会をいただき、後輩の皆さんに対し、私が自身の経験を通じて考える「幹部候補生学校とはどんなところか」を紹介し、これを踏まえて「防大で大切にしてほしいこと」について述べてみたいと思います。

 まず初めに、幹部自衛官には4つの役割があります。それは指揮官・幕僚・教育者・戦闘員の4つです。ここ幹部候補生学校では、その中でも初級幹部、小部隊指揮官としての資質の涵養及び必要な基礎知識、技能の修得を目標として日々の訓練や修学を行います。具体的には実員指揮に重点をおいた各種訓練、戦術や戦史といった幹部自衛官として必要な各種識能教育、戦闘員として必要な体力・気力を磨く高良山登山走や藤山武装障害走といった体育訓練、幹部自衛官としての責任感、規律心を養う日々の生活、係業務等です。このように幹部候補生学校では、教育の機会が非常に多く、大きく成長できる場所です。
 私は、幹部候補生学校は「求めれば与えられる場所」と言えると思います。自らが目標とする理想の幹部像を持ち、日々それに向かって努力していくことで自衛官として、人として大きく成長することができます。また幹部候補生学校は厳しいところなんじゃないのか、と不安に思う人もいると思います。たしかに幹部候補生学校の教育においては厳しいことが多々あります。しかし経験豊富な教官・助教が熱心に指導をしてくれます。また厳しいことは同期で支えあうので何も心配はいりません。

 次に、防大で大切にしてほしいことですが、それは「目標を持つこと、持ち続けること」と「同期を大切にすること」の2点です。

 1点目の「目標を持つこと、持ち続けること」についてですが、防大生で具体的に理想の幹部像を持っている人はどれくらいいるでしょうか。私自身、防大時代に具体的に理想の幹部像があった、とは言い切れません。防衛大学校での生活も、ここ幹部候補生学校に負けないくらい成長の機会にあふれています。しかし、それに触れるかどうかは自分次第です。目標を持たなければそういった成長の機会に触れることなく、日々を過ごしてしまうことになります。漠然としたイメージでもいいので、こういう幹部になりたい、この人みたいな幹部になりたい、という目標を持って日々を過ごしてほしいと思います。
 また、立てた目標を持ち続けることも大切です。防衛大学校での生活は4年間と長く、また日々の生活、教育に忙殺されて自分の目標を見失ってしまいがちです。自らの立てた目標、理想の幹部像を持ち続け、日々生活してほしいと思います。幹部候補生学校での教育の基礎には、防衛大学校での教育訓練があります。また前述のように、幹部候補生学校は「求めれば与えられる場所」です。自らの目標、理想を持ち努力すれば周囲は全力でサポートしてくれます。防大卒業までの間、目標を持ち日々の成長の機会を逃さずに生活していってください。

 2点目は「同期を大切にする」ということです。防大と幹部候補生学校で大きく異なる点は同期についてです。幹部候補生学校では防大出身者のほか、一般大出身者も同期として共に切磋琢磨していくこととなります。確かに一般大出身の同期は、最初は不慣れなことが多く、頼りなく感じることもあります。しかし防大には防大の、一般大には一般大の良い点があります。また1か月、2か月と過ごしていくうちに、一般大出身者も自衛官として、戦闘員として頼れる存在となっていきます。自衛隊の任務は決して1人では達成できません。横にいる同期や同僚との助け合いが、任務の成否を大きく分けます。何も同期は一緒に生活するだけの存在ではありません。心身的に大きな負荷がかかる訓練においても、ともに助け合い、一丸となって進むのが同期です。
 また、自分が誤った際、正してくれるのもまた同期です。自衛隊において同期はまさに運命共同体とも言えます。防大の上級生・下級生のような上下関係なく支え、励まし、正しあう同期はまさに人生の宝です。まずは防衛大学校での生活から、同期というかけがえのない存在を大切にし、横のつながりを強めていってほしいと思います。

 以上、防大において大切にしてほしい事項2点について書きましたが、私の経験が後輩の修学の助けとなれば幸いです。

(2020. 8.31)

前の記事  次の記事

News & Topics