1. HOME>
  2. News & Topics 一覧>
  3. 防衛学特論研究レポート発表会

同窓会本部

防衛学特論研究レポート発表会

2019.03.23

 平成31年3月4日(月)に古賀理事が防衛大学校で実施された平成30年度防衛学特論研究レポート発表会に出席しました。
 本発表会は、防衛学教育学群の主催で、4学年全員が前期ゼミでテーマを決めた内容をレポートにまとめ、審査を経て優秀者15名の発表が実施されました。発表会は、陸、海、空要員ごとに分かれた3会場で、3・4学年の全学生、防衛学教育群教員、他学群教員も多数参加しました。優秀者発表が10分、その後、質疑応答が15分と防衛学における卒業研究発表会という様相でした。研究テーマは、統率、国防、戦史、軍事技術、戦略などの分野ごとに分かれ、最新の国際情勢に焦点があてられた研究になっていました。
 発表会終了後、同窓会支援の記念品が優秀者に贈呈されました。記念品は、盾、学生像トロフィー、万年筆の3種類から学生の希望で渡されました。
 学群長 坂本空将補から、「ご支援に感謝しています。学生と教官が真剣にゼミで議論した成果をまとめ、発表するという学術・教育の両面で有意義な発表会になりました。また、日本人学生だけでなく留学生も真剣に取り組んでくれました。引き続きご支援をお願いします。」と同窓会あてにメッセージを頂きました。
 同窓会では、来年度以降も本研究発表に支援を継続する予定でおります。


boeiha_01.jpg
                  発表会の様子

boeiha_02.jpg
                優秀者への記念品贈呈

boeiha_03.jpg
             記念品(盾、学生像トロフィー、万年筆)

                                (28期空 相原 武士)

前の記事  次の記事