1. HOME>
  2. News & Topics 一覧>
  3. 第62期生に聞く(その2)

同窓生は今

第62期生に聞く(その2)

2018.12.05

「後輩に伝えたいこと」62ki_sasajima_00.jpg

陸上自衛隊幹部候補生学校         
第4候補生隊第5区隊
一般幹部候補生 陸曹長  笹島 宏青

 現在、陸上自衛隊幹部候補生学校・第99期一般幹部候補生(防大、一般大等出身者)課程に入校中の防衛
大学校本科第62期卒業生、笹島宏青候補生です。
 私たちは、3月28日に期待と不安を胸に幹部候補生学校の門をくぐってから早くも半年が過ぎました。幹
部候補生学校での生活は、防衛大学校での生活とは異なる点が多くあります。幹部候補生学校では上級生や下
級生という関係はなく、同期のみで同じ目標に向かって励まし、助け合い、時には衝突しあいながら切磋琢磨
していくことで、同期間の絆をよりいっそう深めています。
 また、小部隊指揮官として必要な知識及び技能に重点を置いており、日々学ぶことが部隊勤務に直結してい
ることを実感することができます。実員指揮を重視した戦闘・戦技訓練に加え、戦術や戦史、防衛教育といっ
た幹部として必要な識能教育、伝統ある高良山登山走、藤山武装障害走などの体育訓練を行っており、それら
を通じて幹部自衛官としての必要な資質を涵養することが求められています。
 こうした幹部候補生学校での訓練や教育を受けながら生活してきた中で後輩に伝えたいことを述べさせてい
ただきます。1点目は「同期の絆」について、2点目は「失敗を恐れず積極的に行動」という点、3点目は
「指揮官の理想像」についてです。
 まず、1点目の「同期の絆」についてです。50km行進や総合訓練といった自身の限界に挑戦する過酷な
訓練、高良山登山走検定や藤山武装障害走検定における各種競技会において区隊優勝に向けての厳しい練成を
行う中で支えとなり、励ましてくれるのは同期です。
 私はここでの教育の中で一人の力の無力さと同期と共に協力すれば大きなことを成し遂げられることを学び
ました。時には意見の違いでぶつかり合うこともありますが、尊敬すべき同期も数多くいて、同期と共に過ご
すことで自分を見つめ直すこともできます。自分がつらく苦しいときでも、周りの同期のために自分を犠牲に
して行動する人は一目置かれ信頼されます。同期の絆は卒業後も弱まることのない強く強固な絆です。防衛大
学校に入校中から同期の大切さに気づいてほしいと思います。幹部候補生学校では、防衛大学校での同期に加
え、一般大学卒の候補生も共に教育を受けます。一般大学卒の候補生達は、私たちが防衛大学校ではできない
ようなことを多く経験しています。そんな彼らと共に教育を受けることで、違った視点から物事を見るように
なり、良い刺激を与えてくれます。

62ki_sasajima_01.jpg「作戦を説明中」

 2点目は「失敗を恐れず積極的に行動」についてです。私たちは、防衛大学校を卒業して幹部候補生学校に
入り、慣れていた環境が一転して変わりました。今までとは違った動作や規律が多々あり、戸惑うことも多く
ありました。しかし日々、間違わないように、失敗しないように消極的に行動していてはいつまでもできるよ
うにはなりません。幹部候補生の間はいくら失敗しても構いません。失敗しそれを反省して部隊勤務に活かせ
れば、その失敗は意味あるものになっていきます。わからない時やできない時は、同期や教官が親身になって
教えてくれる組織です。失敗を恐れず積極的に行動してみてください。
 3点目は「指揮官の理想像」についてです。私が防衛大学校を卒業したときには具体的な理想像ははっきり
していませんでした。しかし、幹部候補生学校で生活し、各係業務や三役勤務等の日々の修学に取り込んでい
くうちに、自ら行動し、背中で見せて率先垂範していくことが重要だと感じました。私たちは近い将来必ず部
下を持ち、初級幹部として小部隊の指揮官になります。幹部候補生学校では初級幹部としての職務を遂行する
ために必要な知識や技能を修得するためにカリキュラムが抜かりなく組まれていて、卒業時には必要な教育を
一通り終えたことになります。

62ki_sasajima_02.jpg「戦闘訓練の一幕」

 しかし、この教育をただこなすだけでは指揮官に必要な資質を身につけることはできません。ここで大切な
ことは自分が将来どのような指揮官になりたいかという具体的な理想像を考えながら日々の生活を過ごすこと
です。考えながら過ごすことで、卒業時または初級幹部時に考えていない人と大きな差になります。今のうち
から考えてみてください。
 最後に、幹部候補生学校には訓練や練成、日々の生活から幹部自衛官になるため必要な資質や識能を涵養さ
せることができる環境が整っています。しかし、この環境を活かすことができるか、または無駄に過ごすかは
自分次第です。活かすためには自ら考え行動することが欠かせません。防衛大学校では、校友会活動、各種競
技会、学生舎生活での勤務など自主自律を実践できる環境が整っています。今のうちからそのような環境を利
用し、考えて過ごす習慣を身につけることをして欲しいと思います。少しでも私の投稿がお役に立てれば幸い
です。

前の記事  次の記事