同窓会本部

防衛大学校留学生ホストファミリーの募集協力

2021.03.18

 防衛大学校では、現在11ヶ国から外国人留学生を受け入れており、2020年度も10ヶ国から25名の留学生を迎えました。留学生は、基本的に1年間の日本語教育を履修した後、日本人学生と同じく本科教育を4年間受講、合わせて5年間修学しております(韓国人留学生は2年間修学)。
 各国から派遣されてきた留学生には、防衛大学校卒業後、母国での士官としての活躍や、日本国(自衛隊)との防衛(軍事)交流の中核としての役割などが期待されております。
 防衛大学校では、長期にわたり母国を離れて生活する留学生に対する「ホストファミリー(協力家庭)制度」を設けております。本制度は、留学生に日本語や日本における生活・文化について慣れ親しんでもらうとともに、国内における温かい家族(家庭)を体験させることにより心身をリフレッシュさせる等、より一層修学に邁進できる環境作りに寄与することを目的としております。
  防衛大学校は、本制度趣旨にご賛同いただき、ご協力いただける家庭(ホストファミリー)を募集しております。留学生は各国の将来を担う人材であり、防衛大学校同窓会としても、防衛大学校による国際交流を支援し、母校の充実・発展に寄与するため、ホストファミリーの募集に協力することといたしました。 関心やご興味のある方は、防衛大学校同窓会事務局 (連絡先・地図)にお気軽にお問い合わせ下さい。

1 ホストファミリーの条件
(1)留学生と知人(若しくは友人等)としての付き合いを継続する意思があり、日常生活の案内や日本の理解のための支援をしてくださること。
(2)国籍、人種、宗教等の差別がないこと。
(3)同居家族全員のご賛同が得られていること。
2 ホストファミリーの活動内容
 各家庭において可能な範囲での留学生との交流(宿泊、観光・レジャー、食事等)が期待されておりますが、交流頻度も合わせて強制されるものでは一切ありません。 なお、防衛大学校学生(留学生を含む。)の外出は、原則として休日(土日祝日)及び長期休暇(夏期、年末年始等)のみ(訓練等により外出できない場合があります。)であり、また帰校時間(門限)も指定されております。その時間内での交流が期待されています。
3 各ホストファミリーの留学生受け入れ人数と期間(基準)
 各ホストファミリーに1~2名程度の留学生を受け入れていただき、入校から卒業までの5年間(韓国留学生のみ2年間)の期間での協力が期待されています。
4 その他
(1) 防衛大学校同窓会としては、ホストファミリー希望者を同窓生に限定して募集しております。したがって、この確認を行った後、防衛大学校に連絡いたしますので、第一報は同窓会事務局(国際交流担当)にお願いします。
(2) 2021年3月現在、タイ、インドネシア、ベトナム、モンゴル、カンボジア、フィリピン、東ティモール、ラオス、ミャンマー、マレーシア、韓国からの留学生が在校しています。
(3) 防衛大学校は、ホストファミリー希望者と事前に受け入れ可能人数等を確認ののち、留学生を紹介しています。
前の記事  次の記事

News & Topics