2017年7月アーカイブ

OB活躍中!

ジャパンマスターズ2017 にて


 2017年7月14日~17日の間、東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)ジャパンマスターズ2017(第34回日本マスターズ水泳選手権大会)が開催されました。
 この大会に泳友会会員の

14期- 西 昇 (70~74歳の部)

26期- 橋本進 (55~59歳の部)

39期- 高士和之 (45~49歳の部)

の3名が出場しました。

 本大会は長水路で、個人種目は8位まで、リレー種目は3位までメダルが授与されます(1位が金、2位が銀、3位が銅、4~8位が青銅)。

大会の結果は

14期-: 西 昇
    200m個人メドレー         3分23秒60    4位(入賞メダル獲得) 

26期-: 橋本進
    100mバタフライ          1分19秒66    6位(入賞メダル獲得) 
    200m個人メドレー         2分56秒20    9位 

39期-: 高士和之
     50m背泳             29秒94    3位(銅メダル獲得) 
    100m背泳         1分07秒82    3位(銅メダル獲得) 


でした。
ジャパンマスターズ2017のランキングの詳細は(www.tdsystem.co.jp/Masters/JM2017/PRO.HTM)をご覧下さい。泳友会会員で他に出場された方はご連絡いただきたいと思います。本項を修正させていただきます。

 昨年もご連絡しましたが、泳友会会員(現役、OB問わず)で勤務や仕事でなかなか泳げない方も多いとは思いますが、5歳刻みの年齢に応じた区分でマスターズ大会に出場してみてはいかがでしょうか。ジャパンマスターズのような大きな大会だけでなく、地方ごとに出場しやすい大会も沢山ありますので、日本マスターズ協会のホームページ(www.masters-swim.or.jp)を確認して下さい。

来年のジャパンマスターズは名古屋で開催される予定です。また2021年には福岡で世界マスターズ水泳大会も予定されております。このような大会を目標に日頃の練習を始められてはいかがですか。

26期-空 橋本進

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.0.1