泳友会会員の叙勲受章のお知らせ

 時機を失した感がありますが、遅まきながら、平成30年度の叙勲において泳友会会員から4名の方が受章されていますので謹んでご紹介させていただきます。以下のとおりです。

 受章、おめでとうございます。

期(要員)   氏名        受章勲章      叙勲日
15(陸) 竜野邦明   瑞宝中綬章  平成30年4月29日
13(陸) 長野陽一    瑞宝小綬章  平成30年4月29日
13(陸) 末包昭彦    瑞宝小綬章  平成30年11月3日
13(陸) 吞田好文    瑞宝小綬章  平成30年11月3日

 なお、前年度以前の叙勲者についても調査中ですが、情報をお持ちの方は是非お知らせください。情報を入手次第、この場にてご紹介させていただきます。よろしくお願いします。

泳友会事務局

 2018年7月12日~16日の間、日本ガイシアリーナ(名古屋)第1回アジアマスターズ水泳選手権大会 兼 第35回ジャパンマスターズ水泳選手権大会(ジャパンマスターズ2018)が開催されました。

 この大会に泳友会会員の14西 昇(70~74歳の部)、26田代健士郎(55~59歳の部)、26橋本進(60~64歳の部)、39高士和之(45~49歳の部)の4名が出場しました。本大会は長水路で、個人種目は8位まで、リレー種目は3位までメダルが授与されます(1位が金、2位が銀、3位が銅、4~8位が青銅)。

 ジャパンマスターズ2018の泳友会会員のタイムや順位については、泳友会HPの「今後の予定&これまでの成績」をご覧ください。

 また、ジャパンマスターズ2018のランキングの詳細
http://www.masters-swim.or.jp/swimtime/)をご覧下さい。泳友会会員で他に出場された方はご連絡いただきたいと思います。本項を修正させていただきます。

 昨年もご連絡しましたが、泳友会会員(現役自衛官、OBを問わず)で勤務や仕事でなかなか泳げない方も多いとは思いますが、5歳刻みの年齢に応じた区分でマスターズ大会に出場してみてはいかがでしょうか。ジャパンマスターズのような大きな大会だけでなく、地方ごとに出場しやすい大会も沢山ありますので、日本マスターズ協会のホームページ(http://www.masters-swim.or.jp)を確認して下さい。

 2021年には福岡で世界マスターズ水泳大会も予定されております。このような大会を目標に日頃の練習を始められてはいかがですか。

26-空 橋本進

現役自衛官の泳友会会員の皆様へ

 泳友会は防衛大学校水泳部(競泳、水球)のOBによる親睦会です。会員は正会員、準会員及び特別会員で構成されていますが、泳友会は退官したOBの会ではなく現役自衛官である水泳部OBの方も、ほぼ全員が泳友会の正会員です。

 また、防大を卒業する際に一時金として泳友会に納入していただいたお金は、泳友会への入会金であり、終身会費ではありません。このため、(65歳未満)泳友会会員の皆様には毎年、2,000円の年会費を納入していただくこととしておりますので、この際、改めてご確認をお願いします。

 以上は、泳友会会則に基づく事項ですので、このホームページにある泳友会会則も併せてご確認をお願いします。

泳友会事務局

各期評議委員の皆様へ

 去る、6月19日火曜日に市ヶ谷において泳友会役員会が開かれました。役員会では、泳友会の周知状況や会費納入状況の現状に鑑み各期評議委員の自覚と積極的な働きを促す活動方針が採択されました。

 泳友会事務局としては、これに基づき今後、各期の評議委員に個別にコンタクトすることを進める予定でおりますので、各期評議委員におかれましては、事務局からの連絡がありましたらご対応をお願いします。

 ちなみに、評議委員が遂行すべき業務会則第19条にあるとおり、「評議委員は、各々の期の会員と連絡を取り、意見等を取りまとめ、本部事務局長に報告する。また、本部事務局長の業務を援助する。」ですが、念のため、具体的に各期の評議委員に期待する役割をあげておきますと、次の3点です。これを機にご確認をお願いします。

  泳友会役員の一員として各期評議委員に期待する役割

   期内の泳友会会員について、

   ① 連絡網の構築及び事務局からの情報の伝達(総会や懇親会の開催、その他に関すること)

  ② 会則を始めとした、泳友会の運営に関する意見等の取りまとめと事務局への報告

  ③ 年会費納入の促進

 以上、よろしくお願いします。

泳友会事務局

泳友会の充実・発展のために皆様のご協力をお願いします。

                         泳友会会長 宮下 寿広

           (22期サブキャプテン・長距離パート・陸上要員)

 防衛大学校水泳部OBの皆さんこんにちは。

 この度、関口前会長(20期陸上)のご勇退を受けて「泳友会」会長に就任しました宮下です。これまで副会長として関口会長をお支えしてきましたが、泳友会会員の皆様からの後押しをいただき、引き続き会長として泳友会の充実・発展のために微力ながら尽力してまいりたいと思います。会員の皆様のご支援とご協力をどうぞ宜しくお願いします。 

泳友会副会長 持井 弘一

旧姓 橋本(α)

(24期キャプテン・短距離自由形パート・海上要員)

 防衛大学校泳友会(水泳部OB)の皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。

この度、関口前会長(20期陸上)のご勇退を受けて「泳友会」会長に就任された宮下会長の後を受けて副会長になりました持井です。これまで泳友会事務局長として会長・副会長をお支えしてきましたが、泳友会会員の皆様からの後押しと泳友会事務局の切れ目ない事務を継承していくため副会長の任をお受けすることとなりました。また、引き続き、泳友会のさらなる拡充と発展のために尽力してまいりたいと思います。会員の皆様のご支援とご協力をどうぞ宜しくお願いします。

マスターズ水泳競技会の結果について

 マスターズ水泳競技会の結果は、会員の参加が分かり次第、随時掲載しています。

現在のところ、月平均1~2回の頻度になります。どうぞお見逃しなくご確認下さい。

 右の<マスターズ便り>試合の結果(最新は ○○/xx 実施分) のメニューからご覧いただけます。

 また、掲載以外の会員の参加があれば、是非、情報をお寄せ下さい。このホームページでその活躍をお知らせさせていただきます。いつか、どこかの大会で試合後(not 練習後)にOB会をやるのはいかがでしょうか。楽しみです。

                        泳友会事務局

改訂会則及び新役員表をアップしました

 平成29年度泳友会総会(H30.2.24)で改訂会則案と新役員案が承認されました。

それぞれ、右の<組織>「会則」または「役員」のメニューからご確認下さい。

泳友会ホームページ・プロモーションカードの配布

  今年度の泳友会総会・懇親会は、ハガキなど書面による通知・出欠調査は行わず、現役OB間の口コミと泳友会ホームページでの告知と出欠調査により準備を進めました。しかし、欠席の回答を得た会員を含め、40名ほどの反応しか得られませんでした。これは、泳友会ホームページが依然として広く会員に周知されていないことの表れであると思われます。

 このため、泳友会ホームページが広く会員に周知してもらえるよう、下のようなホームページのプロモーションカード(名刺大)を作成し、懇親会の参加者に200枚ほど配布しました。各地で泳友会会員を見つけてはこのカードを渡してもらうことを狙っています。泳友会会員は既に600名を超えていますが、カードをリレーしてもらえれば十分全会員に周知できると期待されます。なお、未だ100枚ほど残っていますので、必要な人には初度補給又は追加補給が可能です。更に必要であれば増刷も可能です。

HPcardFt.PNG (表)    HPcardBck.PNG (裏)

          ※ 画像をクリックすると拡大できます。

 この記事を見ている方には必要ないと思いますが、もし、プロモーションカードを手にされたら、是非未だホームページを知らない泳友会会員にそのカードを渡してホームページについて知ってもらってください。各会員のご協力を期待します。

泳友会事務局

平成29年度総会・懇親会

 平成30年2月24日(土)、17:00より平成29年度泳友会総会及びこれに引き続いて懇親会が、市ヶ谷の「東京閣」で盛大に開催されました。今回は、20期~48期までの計28名が参加されました。ただし、現役自衛官組は32期、37期、38期、40期、47期及び48期から各1名の計6名のみ、要員としては1名、5名、参加者なしという状況で、参加者の平均年齢は高いほうに偏ってしまいました。土曜日開催ということもあると思いますが、市ヶ谷・目黒・十条だけでも陸海空それぞれ20名前後は在籍者がありますので、ちょっと淋しさが感じられました。

 しかし、滞りなく総会が終了すると、懇親会は盛大に楽しく進み、大変にぎやかでした。

初めに、承認を受けた、総会の議事内容を紹介し、次に懇親会の様子がうかがえるギャラリーへご案内します。

 <総会議事>

  総会は、次の次第にしたがい、24期()持井事務局長の進行で進められました。

       29総会-1.PNG ← クリック

  次に、防大事務局・山川部長からの会計報告会計監査・田中OBからの会計監査報告がありました。

       29総会-2.PNG ← クリック

  次に、事業計画が次のとおり承認されました(29年度とほとんど同じです。)。

       29総会-3.PNG ← クリック

  次に、副会長を現在1名のところ、2名とする会則改正について承認されました。増員になった1名は現役自衛官の泳友会会員(現役OB)から選出し、現役OBの立場から助言・指導いただくとともに、現役OBに対する泳友会活動の啓発を主導していただく狙いです。

  最後に、役員の選出と事務局員の任命がありました。

  今回の役員選出により、20期()関口OBが会長を退任され、副会長であった22期()宮下OBが会長に就任するとともに、副会長には、事務局長であった24期()持井OBと新しく33期()真殿OBが就任されました。また、会長による任命として新しい事務局体制がスタートしました。事務局長には、24期()持井OBから25期()高見沢OBに交替し、新しい事務局員として27期()熊本OB、27期()平川OB、27期()清水OB及び35期()吉岡OBが加わっています。新しい事務局の体制は次のとおりです。

        29総会-4.PNG ← クリック

  新会長のご挨拶、新会則等は近日中にアップしますので、暫くお待ち下さい。

  <懇親会>

 総会を終わり、いよいよ懇親会の始まりです。

 新会長、宮下会長の挨拶と乾杯により怒涛の懇親会が幕を開けました。懇親会の様子は、別サイトにアップしていますので、下のリンクをクリックしてお楽しみ下さい(敬老会ではありませんので勘違いしないようにお願いします。)。

      怒涛の懇親会の様子

  次回の懇親会にはもっとたくさんの参加を期待しております(会場を変えなくてはいけなくなるかもしれませんが)

泳友会事務局

タグクラウド

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.0.1