2022年度艇友会総会20230225

2月25日(土)クラブ水交において艇友会総会及び第67期卒業生との懇親会が実施された。4学年はコロナでレース経験に恵まれなかったが、五大学当番校の任を全うし立派に艇友会に入会した。A7E094B8-8EE4-4331-8AC1-C6A49B579F3E.jpeg7FB10400-CECA-478A-8E2A-1EE4A0C02C98.jpegC2DFBA7F-5B94-4261-8263-6485BDD3978A.jpeg93BF8C02-F1DF-43AE-929B-CBBCDD5116A7.jpeg

2022年度艇友会理事会20230204

理事会20230204.jpg2月4日(土)グランドヒル市ヶ谷において、艇友会理事会が行われた。7名参加※敬称略(保坂、井上、山中、保泉、佐藤、出端、林)。今年度実績、新年度計画、新旧役員交代等、2月25日(土)の総会資料の擦り合わせを行った。

五大学OBOG会20221127

2022.11.27(日)クラブ水交において、防大が幹事校で、五大学OBOG会が行われた。コロナの状況を注視しながら、オンラインが続いていたが、対面での実施に踏み切り、集まった五大学OBOG、支援の学生代表の交流を深めた。基調講演は出端理事が空自の現状を披露し様々な質問が集中した。67646281-8200-4F0F-BFE3-84A6A75FEDB2.jpegE5D25F4D-56FF-4DBD-B877-E8475BBE8FD2.jpeg1B2CF032-BF52-401A-8A53-EB75119E63C2.jpeg

横浜ボートマラソン大会20221204

12.4鶴見川でボートマラソンが実施された。末吉橋が工事中で往復4.2kmのレースとなり、 HがPENTA ER 8+で出て1位、賞品は1位Tシャツだった。Nはパワーズ KFで出た。詳細は 横浜市ボート協会HP 参照。AED39A9B-614A-4FB2-93C6-729ABEF5E283.jpeg http://yra1987.blogspot.com/2022/12/21.html?m=1

東京2020開催記念レガッタ20221016

10.16(日)海の森水上競技場(東京オリンピックボート会場)にて、東京2020開催記念レガッタに日本ボートマンクラブ(JBC)8+で鶴田(#13)、児玉(#17)、PENTA Bで保泉(#26)参加、500mを2回漕ぎ、ハンデキャップを加味して競った。各レース、2回ともJBC 1/5位、PENTA B 3/5位、詳細はJARA HP参照。競技終了後各チームボランティアで残って8+を分解、オールとリガーを一緒にトレーラーとトラックの2台に積み込んで解散した。オリビアン荒川選手のクォドが仙台大学のエイトに2000mのエキシビジョンで追い迫る迫力のレースで締め括った。PENTAの隣のパルテの女性外人coxは号令が全部英語でしたが、スタート時、「バウチャブ」って同じこと言ってました。パルテ早かったわ。728EE01D-E3C2-463A-ACFC-0D585DE62357.jpeg

2022年度横浜市民スポーツ大会(秋季)

15F68A08-D43D-4A99-AD72-B737AE4C5CC5.jpegE0EB71A2-0E5B-47C7-92B0-03BD9E6EE8EC.png10.2(日)第66回横浜市民ボート大会マスターズに走水ボーイズがKFで参戦、晴天の中、5分間隔の350mx2回の合計タイムレース、60〜69歳の部で1回目1分20秒33(2/2位)、2回目1分19秒94(2/2位)合計タイム2分40秒27(カテゴリー1位/6)だった。だいぶ参加クルーが戻ってきて、昼休みなしで、午前、午後にチームを分け、周到なコロナ対策をした大会だった。(B槻木2宮浦3保泉S山中C大橋)CDC6D05C-F16E-4323-A2E6-D29C557477CA.jpeg

東大島ドラゴンボート大会20220924

9.24(土)旧中川桜橋付近で行われた第13回小松川地区東大島ドラゴンボート大会にN畑、H泉参加。20人漕ぎの艇に人数不足のチームには東京ドラゴンボートから助っ人の漕手、舵手が乗ってくれ、200mで競った。恒例の皆が楽しみにしているというBBQはコロナで行われなかったが約240名の参加者で盛り上がった。20人漕ぎの艇に4人漕ぎでタイムレースを行う100mレースも出て同じ水上競技を楽しむ仲間と交流した。予選1回目58秒39 2/2位、2回目58秒72 1/2位、予選タイムでBグループトーナメントになり、58秒52 1/2で勝ち上がり、B決勝59秒79 2位であった。100m4人漕ぎレース40秒84。ドラゴンのエルゴマシーンタイムレースが横で行われ、200m大体1分台のところ、予選1回目の代表選手は30〜40秒台で、敵わないはずの強豪だった。9451B125-FAA6-42D5-8A9C-A8AE0850A020.jpeg2F2C5EFC-9651-4E11-998A-80DBB6B3B4B2.jpeg2cea66b99eaad0cdb3977c2bb3b026e97d96cb55.jpeg3813C009-980A-4003-B0DD-9DF1325EFBD2.jpeg7C4D6CDA-9180-44AF-B092-BC482F09A688.jpeg

艇友2022(R4)年版

横浜市民スポーツ大会

5388e47490c0fba3847c6ae65054dc818f3376da.jpeg75B5FE4A-0DF3-4515-AD9D-D8715F4B56FC.jpeg7.10(日)横浜市民スポーツ大会マスターズ(鶴見川)60〜69歳KF 350mレースに参加、1回目1分42秒05、2回目1分49秒81の合計タイムで、1位/3艇中。B出端2宮浦3保泉S山中C人見、朝小雨が舞ったが、快晴、逆風逆潮の中極めてバランスの取れた会心の漕ぎだった。参加クルー約400名、役員約50名、午前チーム、午後チームの2部制でアルコール消毒、三密回避等入念にコロナ対策をとったレース運営で漕艇場が賑わった。

茨戸レガッタ20220625

2022年6月25〜26日、61CB4286-61EB-41D0-A05B-FC01E743A169.jpeg鶴田さん(#13)、児玉さん(#17)が北海道へ遠征されました。 以下児玉さん本人レポートです。保 25日、26日、日本ボートマンクラブ(JBC)のエイトとダブルスカルで出漕し年齢ハンディを加味された結果 エイト2位 ダブルスカル1位。 但し、初日レースは、強風のため約10レース中止。二日目、残りの予選と決勝が実施されるはずだったが、予選がほぼ終了したところで強風のため中止。予選記録で順位が決定された。 ダブルスカルは1レースが未実施のため、ジャンケンで勝ったチームが予選3位までのチームと再度ジャンケン。たまたま予選1位のJBCがジャンケンにも勝ち1位となった。 JBCは4位になった可能性もあり、なんだかな~ レース方式は面白かった。 例えば、ハンディ50秒のエイトがスタートした15秒後にハンディ35秒エイトがスタートする。 早くゴールしたチームの勝ち。 強風に泣かされた大会でした。B68BA0E3-FEBE-4604-B852-8BC86481AA1E.jpeg
counter