1. HOME>
  2. News & Topics 一覧>
  3. 防衛大学校第65期期生会設立総会について

防衛大学校関連

防衛大学校第65期期生会設立総会について

2018.03.22

 岩崎茂・防衛大学校同窓会副会長は平成30年3月8日(木)、防衛大学校第65期生の期生会設立総会に出席、祝辞を述べるとともに、第65期生会会長に支援金を手渡しました。

 期生会設立総会は、65期生総員が一同に会し(設立総会時現在、総員458名、うち女子59名、留学生23名)、各学生に今後活動を開始する65期期生会の一員であることを認識させるとともに、以後の防衛大学校生活及びその先を見据えた同期生間での団結を図ることを目的に行われました。
 総会に先立ち、岩崎副会長は、國分良成学校長、石塚副校長、渡邉副校長、上尾幹事、俵訓練部長、森迫防大同窓会小原台事務局副局長と懇談しました。懇談では、この春小原台を去られる渡邉副校長と同期である岩崎副会長が学生時代の話などをし、現在の防大との比較などが話題となりました。
 11時から期生会設立総会が記念講堂において実施され、第65期期生会吉田敦会長以下9名の役員紹介に引き続き、第65期期生会会長による所信表明が行われました。この中で吉田会長は、「自分は65期全員にかかわる大きな仕事をしたいと思い会長選に立候補した。この思いは今も変わらないし、役員とともに、今までの期生会でやってこなかったようなことを積極的に進めていこうと考えている。何より65期で良かったと心の底から思えるような期生会を目指し、自分らの期を誇りに思えるよう頑張っていきたい。」と力強く所信を述べました。
 これに対し國分学校長が、「第65期期生会発足おめでとう。私はよく言う事だが、一般大学40年の経験を踏まえても防大は日本一の学校ではないかと思っている。知性を磨くだけでなく、体力も鍛え、人間的な深みを育む学校だ。一般にはない学生の意見を聞くという学校でもあり、こんな学校は他にない。諸君にはこの学校を作るということを引き続き努力して欲しい。精神が豊かな人は、周りにいい意味でとてつもなく変わった人がたくさんいると思う。本日お越しいただいた岩崎副会長もまたその一人であり、東日本大震災時に空幕長としてご活躍されたすばらしい個性を持たれた同窓の先輩である。諸君は先輩を見習い将来にわたり同期と大きな絆を作ってもらいたい」と、祝辞を述べられました。
 続いて岩崎同窓会副会長が、「昨春の入校式から1年近くが過ぎ、その時、國分学校長が同期の絆ということをお話されたことを思い出した。皆が同じような苦労を経験し初めて同期の絆が生まれる。40数年経った今、同期の絆の素晴らしさは本当に身に染みて感じている。自衛隊は、現在統合運用を実施している。統合運用開始の平成18年当時、米軍からは、統合運用については数年でできるようなものではなく、10年20年30年とかけてもなかなかうまくいかないものであると言われていた。しかし統合運用は5年後の東日本大震災時、20期の東北方面総監君塚陸将を統合任務部隊指揮官とし、ものの見事にこれをやってのけた。その後もいろいろな局面で統合運用を実施している。私はその統合運用が上手くいっている要因の一つは、この防大にあるのではないかと思っている。もちろん一般大等出身の幹部も頑張ってやっているわけではあるが、4年間ここ小原台で学び、知力体力を鍛えているこの環境がそれを作っていることと思う。最後に今日、吉田期生会長が話していたが、是非同期で良かったと思うような絆を作ってもらいたいと願っている。本日は本当におめでとう。」と、祝辞を述べられました。引き続き、岩崎副会長から第65期期生会会長に対して、防衛大学校同窓会からの支援金が手渡されました。
 式の締めくくりとして、防衛大学校学生歌を全員で合唱して、設立総会は終了しました。
 12時から学生食堂において行われた第65期生期生会発足記念会食では、國分学校長、岩崎同窓会副会長のほか、防大の主要幹部が来賓として参加し、この中で卒業を間近に控えた4学年の第62期期生会長上中学生が「卒業する私から伝えたい事は、後輩を大切にして欲しいということ。そして伝統を大切にして欲しいという事だ。油断大敵という言葉がある。語源は、比叡山延暦寺の根本中堂内に不滅の法灯であるという。法灯は最澄が灯して以来、1200年以上一度も消えることなく燃え続けている。このように代々引き継がれた灯を誰かしらが引き継ぐ。防大に当てはめるとそれは伝統だと思う。そして伝統は防大生自身ではないだろうか。岡部元幹事が講演の中で、防大は皆の心にあるといわれた。防大の伝統は皆の心の中で受け継がれる。そのことを思い学生生活を続けて欲しい。65期期生会のみんな発足おめでとう。」と祝辞を述べられました。その後、吉田期生会長から挨拶があり、65期森学生が制作した「期待の人が俺たちならば」というタイトルの入校から1年間の記念動画が披露され、皆感慨深くそれを見ていました。この会食をもって65期期生会設立総会等全ての行事は終了しました。

1kondan.jpg  2soukai.jpg

      設立総会前の懇談               第65期期生会創立総会

3kaityou.jpg  4-1syukuzi.jpg

      所信表明する吉田会長              國分学校長の祝辞

4-2syukuzi.jpg  5shienkin.jpg

       岩崎副会長の祝辞             岩崎副会長から支援金授与

6kaisyoku.jpg

      学生との記念会食

                                 (同行者 27期空 穂積文孝記)

前の記事  次の記事