1. HOME>
  2. News & Topics 一覧>
  3. 第59期生に聞く(その3)

同窓生は今

第59期生に聞く(その3)

2015.10.02

題名:「全力を尽くして、心技を磨く」yanaguchi_1.png
 陸上自衛隊幹部候補生学校
 第96期一般幹部候補生BU課程
 候補生 山口 浩平(やまぐち こうへい)

 防衛大学校本科第59期生を代表して陸上自衛隊幹部候補生学校第96期一般幹部候補生(BU)課程 山口候補生がご挨拶申し上げます。
長くもあっという間に感じた防衛大学校を卒業し、ここ前川原・幹部候補生学校での生活は早くも半年が過ぎました。幹部候補生学校では、約10ヶ月の間に、日常起居をはじめとして攻撃、防御等の訓練において実員指揮を学ぶ戦闘・戦技訓練、戦術を中心とした幹部として必要な識能教育、そして高良山登山走、藤山武装障害走等を通じて自分の心身と向き合う体育訓練等を行い、その中で最も重視されている資質を涵養し幹部としての矜持を修得するため、日々邁進しています。
 今回、「小原台だより」に寄稿するにあたり、以下の2点を述べます。1点目は、「常に全力を尽くす」という点、2点目は「防衛大学校在学中の後輩に向けて」という点です。
 私は、日々の生活を過ごす上で「常に全力を尽くす」ことを念頭に置いて生活しています。上記に述べたように様々な訓練や行事が教育期間に集約され、36人の区隊員と共に高い質を求めていくとなると、少しの時間も惜しまれるほど頭を働かせて体を動かす毎日です。このような生活をどう捉えるかで自らの行動は変化していくものだと考えています。忙しいからといってただ漫然と過ごすのではなく、目標を持って精進しなければ意味がありません。私は、自らの意志で幹部自衛官になることを決意し、それに必要な識能、資質を涵養するために二度と返ってくることのない今の時間を充実したものにするため常に全力を尽くして生活しています。
 また、幹部候補生学校での教育を受ける中で感じさせられることは、たくさんの方々の支援があって訓練・行事が成り立ち、教育を受けさせてもらっているということです。指導者の方々や支援してくださっている方々に対する感謝の気持ちを体現するためにも常に全力を尽くす必要があると思っています。
 幹部候補生学校を卒業すれば、日本国内のいずれかの部隊へと配属され、そこでも様々な環境や試練に直面することと思います。しかし、今は今しかできないことをただひたすらに全力で取り組むことによって心技を磨き、少しでも自信をつけて部隊へ活躍の場を移していきたいと考えています。
 最後に、防衛大学校在学中の後輩に向けて卒業生として一言述べたいと思います。それは、信頼できる同期をたくさん作り大切にしてほしいということです。校友会・訓練等で築いた同期との絆は、どこに行っても変わるものではなく、お互いに厳しい状況下においても必要としているときに声をかけてくれるのが同期です。私が考えている「同期」とは、楽しい時を楽しく過ごせるかどうかではなく、つらい時をどう過ごすことができるかだと思っています。陸・海・空の要員が同じ場所で生活している今を大事に、たくさんの「同期」との絆を築きこれから待ち受ける困難に立ち向かっていこう。

yanaguchi_2.pngyanaguchi_3.png

前の記事  次の記事